医療法人社団碧山堂鈴木歯科医院

根管治療の症例です。虫歯の進行が大きいので歯の深部に在る神経(歯髄組織)にまで細菌感染しました。こうなると根管治療をしなければなりません。

お問い合わせはこちら

根管治療の症例です。虫歯の進行が大きいので歯の深部に在る神経(歯髄組織)にまで細菌感染しました。こうなると根管治療をしなければなりません。

根管治療の症例です。虫歯の進行が大きいので歯の深部に在る神経(歯髄組織)にまで細菌感染しました。

2022/08/09

術前の画像です。充填されていたものを除去したら虫歯が大きく進行しており、神経(歯髄組織)に細菌感染が波及して痛みが有りました。この場合は虫歯治療だけで済むケースでは無く、感染した根管を無菌化する事が大切です。

虫歯を除去して崩れた壁を修復処置したので、根管治療に必須のラバーダム装着が出来るようになりました。これで安全にマイクロスコープ下で根管治療を始められます。

術前のレントゲン写真です。画像の右端の歯が大きく欠けたので今まで厚いエナメル質や象牙質に保護されていた神経が露出して細菌に感染しています。歯槽骨に根尖性歯周炎を起こしているのが痛みの原因です。

3回目の治療です。右側の歯ですが、細い根管を拡大清掃し、無菌化してからここを2種類の薬剤で密封充填しました。痛みの症状はすっかり無くなり、根管治療は終了しました。この後は冠を被せる治療に移ります。

 

 

成城の鈴木歯科医院です。根管治療にラバーダムと顕微鏡は必須です。当医院は開業し始めた時からラバーダムを使い続けています。また根管治療用の顕微鏡は日本に紹介されてからほぼ直ぐに導入して今日に及んでいます。虫歯治療も精密に行うと難しいですが、根管治療はまた次元が違う治療です。その成功率ですが、当医院ではほぼ95%位の様です。また出来るだけ抜歯をしないで保存療法に努めるよう心掛けています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。