医療法人社団碧山堂鈴木歯科医院

インプラントについて

お問い合わせはこちら

インプラントについて

インプラントとはどのような治療でしょうか。ブリッジや入れ歯とどう違うのでしょうか。残っている歯にとってはどの治療法が良いのでしょうか。インプラント埋入オペは痛くないでしょうか。またインプラントは長持ちしますか。費用はどのくらいかかるのでしょうか、等々についてお話しします。
 

ブリッジや入れ歯とどう違うのでしょうか。残っている歯にとってはどの治療法が良いのでしょうか。
インプラント埋入オペは痛くないでしょうか。
またインプラントは長持ちしますか。
費用はどのくらいかかるのでしょうか、等々についてお話しします。

インプラントについて

インプラントとは歯が抜けた所を治す治療法の一つです。そして歯科治療の中では最終段階に位置付けられます。それは以下の通りです。 歯科治療の中で一番基礎的なものは予防歯科であり、ポイントを押さえた口腔内清掃法とクリーニングです。これを定期健診の中で年に2~3回行っていればそれほど問題は大きくなりません。初期の歯周病もこのくらいで綺麗に治ってしまいます。

インプラントの特徴

 それでは「インプラント」の説明に移ります。
インプラントは人の歯の根に相当するもので、
これを顎の骨の中に埋入して人工の根を植えるものです。
そして時期が来たら人工歯根の上に陶材の歯をスクリューで固定して咀嚼や審美を回復する治療法の事です。
其の人工歯根、インプラントの素材ですが、その99,1パーセントがチタンでほぼ純チタンと言えます。
チタンは人間の体に拒絶反応を起こさない唯一の安全な金属です。形成外科でも既に人工関節などに広く使われている安全な金属です。
そして歯科用のインプラント体は全世界で100種類以上生産されているようですが、当院は一番純チタンに近い日本製の製品を使用しています。
またこのメーカーはインプラント周辺機器を常に開発しているので、このユーザーは常に新しい技術を臨床に応用できる特典が有り、
患者様に最先端の治療を提供する事が出来ます。
インプラントについては色々な疑問があると思われますので、ここではその「長所」と「短所」とをお話しします。

 先ず「短所」ですが、インプラント体を顎の骨に埋入する外科的な処置をしなければなりません。
実は歯科の領域にも色々な外科処置が有ります。一般的なものは抜歯です。それから進行した歯周病のオペ等が有ります。
当院ではこれらの外科処置を日常的に行っていますが、やり方が正しければ、これらは殆どそれ程の痛みは有りません。
インプラント埋入のオペも同じです。やり方が正しければ殆ど痛みは無いようです。オペ当日は少しはばったいような感じですが、
翌朝は殆ど疼痛を感じない、と患者様方は言われます。ですから一つ山を超えてしまえばそれ程の恐れはないようですので心配は有りません。

虫歯治療

次に虫歯の治療があります。これに関しても基本的なポイントがあります。これを踏まえた治療をきちっと行えば虫歯の再発は少なく、治療効果が長く続きます。
この虫歯治療の基本的なお話はいずれ項を改めてお話ししましょう。

根管治療

その次の段階ですが、虫歯が放置され、あるいは虫歯治療をした所が大きく再発して歯の中心部まで虫歯が進むと、歯髄組織(いわゆる神経)にまで細菌感染してしまいます。するとこの感染巣を無菌化する「根管治療」のレベルになります。 
この根管治療についてもいずれお話しましょう。

歯が欠損した時は

 次は歯科治療の最終段階です。虫歯や根管治療や歯周病治療による歯の保存治療では収まらず、抜歯をせざるを得なくて歯が無くなった後の歯科治療です。

本項ではそれについてのお話をしましょう。

 もし歯が抜けた所をそのままにしておくとどうなるでしょうか? 
歯が抜けたままにしておくとそこでは噛めないので、咀嚼効率がかなり低くなりますし、抜けた所が外から見えると審美的にも宜しくありません。
そのうえ食事の時に、抜けて咬めないところを避けて、いつも反対側で噛んでいると体のバランスにも影響します。
背骨が傾く事もありますので、そのまま高齢化すると転倒し易くなる恐れも出て来ます。

 ですから何らかの方法で歯が抜けた所を回復した方が宜しいかと思われます。

 また歯は固定して絶対に動かない様に見えて、実はいつも少しずつ移動しようとしています。

 その為歯が欠損すると、そこに向かって隣在の歯が傾いたり、あるいは対合する歯が呈出して歯列を乱す事があります。
すると細菌が貯留し易い環境が出来るので、虫歯や歯周病になる可能性が高くなるので注意が必要です。
もし歯並びが動いてしまったら矯正治療で元に戻す事が出来ますが、これには1~2年あるいはもう少し時間がかかる時があります。
ですから歯が抜けたら、歯が傾斜、提出する前にここを治しておいた方が無駄なエネルギーを使わなくて済むと思われます。

  歯が抜けた所を歯科治療で回復する方法が3通りあります。 

入れ歯について

ご存知かと思われますが、一つは「入れ歯」で、自分で取り外し出来るものです。

入れ歯にも色々ありまして、エコノミータイプのものから超高級品まであり、千差万別です。当院ではあらゆる治療法に対応していますが、入れ歯は残っている歯に維持力を求めるで、歯に過度な負担がかからぬような良い設計と剛性感のある素材が必須になります。条件が整えばとてもよく噛め、長持ちする筈です。

※  画像は入れ歯の一症例です。これは特殊な形の入れ歯です。右側の歯には通所通りクラスプ(歯にかけるバネ上の装置)をかけていますが、左端の歯にはクラスプが無く、バネが外から見えない形で審美性に優れた維持装置で製作しました。

総入れ歯が適用される場合があります

 また歯が全て無くなった場合には「総入れ歯」が適用される場合があります。「総入れ歯」は大変に難しい治療ですが、当医院は独自の治療法で大変に良い成績を上げています。入れ歯が入っているのが分からない位に馴染み、かなりのものが噛めるので食事にあまり不自由しません。
ただし入れ歯は食事の後は必ず取り外して綺麗に清掃しなければならない煩わしさが有ります。

※ 画像は当医院が製作した総入れ歯です。治療用義歯を造ってから本義歯を造ります。痛みも無く、安定しており、食事に不自由は無いようです。

ブリッジ治療

 もう一つは「ブリッジ」で、これはセメントで固定するもので、可撤式ではありません。症例によっては素晴らしい効果が有ります。大変に綺麗でしかもよく噛めます。

しかしこの治療法の欠点は、残っている歯の2本あるいはそれ以上をある程度削らなくてはならない事です。

現代は、歯を出来るだけ削らない方向に向かっています。また削らなければならない場合も多くありその時は削合しますが、ほかに良い方法があればそちらを選択する時代です。

今は虫歯の時の治療も、歯が抜けた所の治療も、歯を削るのは必要最小限にしてしかも最大限の効果を上げる方向に向かっています。昔のインプラントが無かった時は、歯が喪失したらそこは入れ歯かブリッジしかなかったので、歯科医師は大いに歯を削りました。しかし今や歯の欠損補綴は、残っている歯に負担をかけず、削る事もないインプラントが主流になりつつあります。

 

インプラント治療の流れ

インプラント体が顎に固定するまで

う一つの問題は、インプラントが顎の骨にしっかり着くまで数ヶ月かかる事です。インプラントを埋入して直ちにその上に冠を被せ噛めれば良いのですが、実際は噛めるまで少々時間がかかります。インプラント体が顎に固定するまで、下顎は3か月、上顎の場合だと4か月間、待たなくてはなりません。埋入してすぐに噛めればそれに越した事は有りませんが、暫く待たねばならないのが残念です。ですから冠が入って噛めるまでの間は何か仮のもの、仮の入れ歯等を利用する事も有ります。
 

※ 画像中央にインプラントを埋入したレントゲン写真です。下顎ですのでこれが顎に固定するまで3か月かかります。

埋入して3か月経過

 下顎のインプラントが、埋入して3か月経過したので型を採り、冠を被せたレントゲン写真です。

インプラントの上に被せた冠は歯と同色のポーセレン製ですので天然の歯が再び戻ったようです。

この冠はインプラント体にスクリューで固定しているので、何かトラブルがあった時は外して

修復出来る構造になっています。

メインテナンス

 また短所とは言えませんが、インプラントは天然歯と同じように歯周病になる可能性が有ります。
インプラントの歯ぐきに相当する所にあまりに細菌が付着したままになっていると、インプラントと雖も歯周病になるかもしれません。
歯周病になってインプラントが脱落する可能性はゼロではありません。
ですから長持ちさせるためには他の歯と同じように口腔清掃をきちっとして、なおかつ定期検診を受け続ける必要があります。
そうすれば他の歯と同じように長持ちする筈ですから心配は有りません。

インプラントが埋入出来ないケース

 インプラントを受け入れる顎の骨の厚みが薄いのでこれを埋入出来ないと思われる症例が多く見られます。

患者様はレントゲン写真の中央にインプラント治療を希望されましたが、顎の骨の厚みが足りないので断られ、

当医院に来院されました。

CTで計測すると5mmの厚さなので、通常は10mmのインプラントを埋入できませんが、・・・・

インプラントを埋入できるようにする施術

・・・歯槽骨の骨頂から2種類の人工骨を少しずつ填入しながら骨膜を押し上げて、12mmの歯槽骨を造り、無事10mmのインプラントを埋入出来ました。このような治療法は、従来の技術で埋入すると大変に腫れて痛みがありましたが、当医院の新しく開発された方法ですと全く無理が無く、痛みも腫れも無く、綺麗に目的を達成する事が出来たので患者様は安心されました。

 

4か月経過

上顎骨を拳上して4か月経過しました。画像は、人工骨と自然骨とが癒合して新生骨が出来たので型を採り、インプラントの上に冠をスクリューで装着した所です。

 

ポーセレンの冠をインプラント上に装着

 画像はポーセレンの冠をインプラント上に装着したものです。実は冠の中央にスクリューを通したアクセスホールが有ったのですが、そこを接着性の充填材で塞いだので、外からは全く分からない状態です。

 

インプラントの長所1

 次に「インプラントの長所」についてです。
インプラントの最大の長所は、残っている歯に全く負担がかからない事です。
入れ歯もブリッジも、これを入れる為に歯にバネをかけたり歯を大きく削ったりし、そのうえ残っている歯にある程度の力の負担が求められます。
ところがインプラントはその様な事が一切ありません。
残っている歯に大きな負担がかからないので、結果として残っている歯が長持ちします。
自分で自立して噛む力を受け止めてくれるので、他の歯に過度な咬合力を負担させるような事がなく、その結果、残りの歯の寿命が長くなります。

インプラントの長所2

 もう一つの「長所」は噛む力に大変優れている事です。他の周りの歯に全く負担をかけずに大変に良く咬めます。
殆どの患者様は「抜けた歯が戻ってきたようだ。」、「全く何のストレスも感じなく天然歯と同じように噛めます。」と言われます。
入れ歯もブリッジも正確に作ればそれなりによく噛めますが、天然歯が戻ってきた様な感覚はインプラントが一番の様です。
それにインプラントは入れ歯と違って取り外しをする必要がありません。入れっぱなしです。
入れっぱなしですが、そこはやはり他の治療法と同じくそれなりのメインテナンスが必要です。

インプラントに関するニュース

 インプラントに関してもう一つニュースが有ります。
一定の大きさのインプラントを埋入するにはある程度の顎の骨の幅と深さが必要です。
ところが往々にして歯槽骨の深さが足りなくてインプラントが入れられない例が多く見られます。
殊に上顎では、歯槽骨の病的吸収と、張り出した大きな上顎洞が骨の深さ、厚さを短くしている場合が有ります。
このような場合は人工骨を使って足りない分を補う手術法が有ります。
ただ従来の方法は術後の腫れや痛みが大きく、患者様のストレスが大きかったのですが、近年は其のストレスが殆ど無く、腫れも痛みも全く無い手術法が開発されました。
当医院もその方法を応用しているのでこのような治療法でもほとんど痛みも腫れもなく、御蔭様で大きな成果を上げています。
今までは骨が薄くて絶対に無理な症例もインプラント治療が出来るのは大きな福音です。しかも殆ど痛みません。
ですから歯槽骨が足りなくてインプラントを諦めていた方々にも、痛みも腫れも無いこのような治療ができるようになったのは大きな朗報と言えるのではないでしょうか。

インプラントの寿命

 もう一つの問題はインプラントの「寿命」です。
結論から言いますと、いつも口腔清掃が確実に出来て、しかも年に2回から3回ぐらいは定期検診をされていると長持ちするようです。
長持ちの世界新記録は約50年です。これは世界で初めてインプラントを人体に応用したスウゥーデンの症例でした。
厳密な口腔管理を続けた結果でしたが、その方の寿命がもう少し長ければ世界記録ももっと伸びたでしょう。
この例でお分かりのように、いつも口腔内を清潔に保っていれば、インプラントは長持ちするはずです。

インプラントにかかる費用

 インプラントにかかる「費用」ですが、当医院では1本、42万円かかります。
インプラントを最後まで成功させるには様々なインストルメントを使い、最後に陶材の冠を被せますが、これらを全て含めた治療費です。
かなり高額な費用ですので当医院は慎重に事を進めています。
インプラント治療をお考えの方には術前にカウンセリングを行います。場合によっては2~3回カウンセリングをする事もあります。
ご納得頂けましたら治療を始めさせて頂きますが、もう少し考えたい、或いは中止したい方にはそのように対応致します。

選択

 以上お話ししましたが、ブリッジのやり直しの場合はまたブリッジで対応する事もありますし、
入れ歯の方がよい時は入れ歯で良い結果が出るように最善の努力をしています。
またインプラントの場合は、先ほど申し上げました通り、患者様と十分なカウンセリングをしてこれも満足いただけるような治療を心がけています。
インプラント治療はかなりのストレスがかかるのではないかと懸念されておられる方も多くおられます。
しかし一旦これを経験されると、「思ったほどではなかった。これくらいならもう少し早くインプラントに踏み切っても良かったのではないか。」
と言われる方が沢山おられるのも事実です。
ご心配はあまりありませんので、お考えの方はどうぞ一度ご相談くださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。