医療法人社団碧山堂鈴木歯科医院

虫歯治療の最も大切な事について

お問い合わせはこちら

虫歯治療の最も大切な事について

虫歯治療の最も大切なポイントをお話しします。

 虫歯はそのまま放置するとどんどん進行するので早めに治療した方が良いのですが、これを簡単に治してもいずれ又そこが再発して、前よりもっと病状が進行することがありますし、同時に新たな虫歯が年と共に数か所で発症する例も多くあります。

 虫歯はある程度までなら虫歯だけの治療をすればおさまりますし、もしそれが厳密に治療をされていればその効果が長く続きます。そのうえ食生活に気を付けて、口の中に巣食う細菌の環境が改善されていれば治療の結果はもっと長持ちします。ですから治療後も正しい口腔清掃と定期的な歯科検診がとても大切になってきます。

 虫歯は虫歯治療だけで終われば良いのですが、虫歯の起炎菌はしつこいのです。もし虫歯の治療が厳密ではない、あるいは虫歯を放置しておく、または規律のある食生活をしていない、さらに、粘着性のある細菌叢がきれいに取れていないままにしておくと、事態は深刻になります。                                 細菌群は更に奥に進んで、症状が大きくなります。

 

 

虫歯が深くなると根管治療(神経の治療)をしなければなりません。

 根管治療は難しい治療です。かなりの厳密性を要求される治療です。

当院はこれにもかなり力を入れていますが、中途半端な治療ですと抜歯に至る場合もあり、あるいは深く歯が破折するとこれも抜歯せざるを得なくなります。

 抜歯をするとこれを回復する治療になりますが、これは又さらに次元が違うステージになります。入れ歯やブリッジやインプラントの治療になりますが、これもそれまでとは違った厳密性が要求されます。私の診療室ではこれにも取り組んでいますが、一番良いのはそもそもの発端となる虫歯にならない事です。

 先ず、虫歯になってもまた再発する可能性が少ない精密な治療をする事が望まれます。それと大事なことは、虫歯発生のリスクを抑えた規律のある食生活を守り、虫歯発生を抑えるきちっとした細菌除去法を身に着けてこれを日常遵守し、更にこれがうまく実行されているかどうかの検診を定期的に行うことです。これが出来ていれば被害は最小限で食い止められます。

最先端の虫歯治療について

 虫歯の予防法や根管治療、インプラント治療などについては別項をご覧いただくとして、今回は「最先端の虫歯治療」についてお話しします。虫歯になっても「虫歯治療」だけで止めて置き、「根管治療」や更に「入れ歯」、「ブリッジ」、「インプラント」に進まないような、全体を見た治療が望まれます。その最先端の虫歯治療、精密なむし歯治療についてお話しします。

虫歯は治療が遅れると神経を取らないといけなくなってしまいます

浅くて小さな初期の虫歯なら、毎日の口腔清掃でかなり回復し、虫歯進行も抑制されます。しかし歯には自己修復力は全くないので、ある程度の虫歯は歯髄(神経組織)にまで感染しないように、出来るだけダメージが小さい内にこれを治すべきです。細菌感染している虫歯になった組織は全て綺麗に取り除いて、出来た空間を回復して元の形に修復しなければなりません

この時、修復する治療法や素材が大きな問題になっています。             

今までは型を取り、金属のインレーを鋳造してこれをセメントで歯に着けていました。  

しかし従来のこの治療法には以下のように致命的な欠陥があります。

全国的に一般的な虫歯治療

1,詰めた金属インレーは歯に乗っかっているだけで歯と一体になってはいません。 歯と詰めた金属との境界から細菌が侵入する危険性が大変に大きいのです。そのため金属充填された歯は虫歯再発し易い傾向が大いにあります。虫歯治療に金属インレーを使う方法は虫歯の再発に繋がり、やがて歯を失うことに繋がるので、当医院ではこの方法を採用していません。

2、金属は天然の歯とは全く異なるので、これが歯に装着されると恐ろしく審美性に欠けており、前時代的であり、近代性の乏しい印象を与えます。

3、最近金属アレルギーの方が見られます。そのような方に金属を歯に装着するのは望ましくありません。金属は遠ざけた方が賢明です。

最先端の虫歯治療

,虫歯除去で出来た空間を修復するための第一の条件は、詰めた素材と歯とが一体化して、両者の間に隙間が全くない事です。そのためには充填素材と歯とが接着しなければなりません。歯に接着の処理をして、その上で接着性の素材を歯に少しずつ積層しつつ光重合(素材の硬化)を繰り返して全体の形態をハンドメイクして完成する治療法が一番確かです。長持ちします。

2,充填する素材が歯と接着して緊密に一体化すると同時に、素材が歯と同じ天然色であることもとても重要です。大きく治療してもどこを治療したか分からないくらいの色調が望まれます。

3,大きな虫歯を治療する場合が多いですが、この治療法だと一つの歯に一時間か一時間半かかります。しかし一度の通院で完成します。治療後すぐに食事もでき、そのあとすぐにブラッシングもできます。

4,この素材はポーセレン(陶材)が主体で、数%のレジンとの複合体です。硬さも金属と変わりありません。又もしこの一部が破損しても、その場ですぐに修復できる便利なものです。

5,当医院ではこの虫歯治療にも大変力を入れています。虫歯治療した所がやがて抜歯に至る事が無いように慎重に治療しています。

 

以下に、当医院最先端の虫歯治療の症例を一部ご覧ください。

当医院最先端の虫歯治療の症例

虫歯治療に金属充填がされていて、水に凍みています。これは歯があまり長持ちしない治療法です。

麻酔下で金属インレーを外したら案の定、虫歯が再発していました。これを全て綺麗にしてから歯に接着の処理をして、接着性の充填材を詰める準備をします。

綺麗になったので歯に接着性の充填材を積層・重合しています。

形態が綺麗に整いました。次に咬合調整と研磨をして完成しました。歯に強く接着する充填法なので、虫歯再発の危険性が金属充填より遥かに低く、結果として歯が長持ちする治療です。治療時間は一時間で、すぐに食事等が出来ます。

術前の画像です。何か違和感が少しあるようです。

麻酔下で金属インレーを外すと、お決まりの虫歯再発が有りました。

虫歯は細菌感染している部分なので、これを綺麗に除去しました。次に歯に接着の処理をして接着性の充填材を積層・重合硬化してゆきます。

元の形に戻ったので、咬合調整と研磨をして完成しました。的確な口腔清掃を続けるとこの治療も歯も長持ちします。一時間の治療で終わりました。

術前の画像です。金属を詰めた所がかなり痛みます。麻酔をして金属を外しました。

白いセメントの下に黒い虫歯が進んでいました。金属インレーを外すと大抵このように黒い虫歯が内部で再発しています。これを全て除去してから、歯に接着充填の処理をします。

 

接着の処理をした歯に、接着性の充填材を詰め始めます。隣の歯との境の隣接面を綺麗にするのがポイントで、ここにも技術と経験が求められます。

 

歯の形が元のようになりました。歯にしっかりと接着しているので歯が長持ちする治療法です。またこの充填材は歯と全く同じ色なのでどこを治療したのか分からない位です。治療時間は一時間半かかりました。

 

これは臼歯部の金属充填のケースとは異なります。前歯の審美性が著しく劣っていた治療を綺麗に回復した症例です。歯を大きく削らずに、最小限の削除して詰めるだけで治りました。

 

古い詰め物を外したら歯の半分が無くなってしましました。歯に接着の処理をして、予め用意していたシリコンパターンに沿って接着性充填を始めます。

表層のエナメル質の内部は画像のような象牙質の隆起が有ります。これを充填材で再現しました。

画像の左側が充填完成した所です。波打つように隆起した象牙質の上に、表其のエナメル質を再現しました。歯に強力に接着しているので取れる心配は有りません。初めの画像と比較して頂ければその出来栄えには自然観が有ります。一時間半の時間がかかりましたが通院回数は一回だけです。。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。