医療法人社団碧山堂鈴木歯科医院

虫歯が進んで歯髄(神経)が細菌感染したので根管治療をしました。

お問い合わせはこちら

虫歯が深く進んで歯髄組織(神経)が細菌感染し、下顎前歯部がかなり腫れたので、当医院で感染根管治療をしました。

下顎前歯部がかなり腫れたので感染根管治療をしました。

2022/08/29

術前の画像です。画像で白く映っているのが前医で歯科治療をされた歯でかなりの痛みと腫れとがありました。適切な根管治療を行えば症状が無くなる事を患者様にお話ししてから処置を始めました。

 

詰めてあった金属充填を除去して、患歯を中心にしてラバーダムを装着して安全・清潔に治療できる環境を整えました。まずここを消毒し、マイクロスコープ(顕微鏡)下で根管内を観察しながら診療を始めました。超音波振動器や電動ファイルや手用ファイルなどのあらゆる根管治療用の器具を使って治療を進めます。

細菌感染していた根管内を何回も洗浄しながら、侵入して感根管内で培養されていた細菌を取り除いて無菌化しました。顎の骨まで炎症が進行して痛みがありましたが、精密な治療の結果痛みや腫れ等は治まってきたので、根管内に2種類の薬剤を密封充填し、根管治療は無事終了しました。今までの当医院の成功率はおよそ95%です。今後は定期検診・定期クリーニングが必要です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。