医療法人社団碧山堂鈴木歯科医院

感染根管治療の症例です。

お問い合わせはこちら

感染根管治療をした所が再感染したので当医院で再治療しました。            

感染根管治療をした所が再感染したので当医院で再治療しました。            

2022/09/17

術前のレントゲン写真の画像です。右側の大臼歯の歯根の一部に白い薬剤が中途半端に充填されており、すべての根管にしかるべき根管治療がされていない状態を示しています。その為未処理の根管内に細菌が繁殖して痛みの症状があり、当歯科医院に来院されました。元々は前医で虫歯と神経の治療を受けて歯髄を除去する抜髄処置を受けましたが、そこの細菌感染が進行したので、後の処置を任されました。

患歯にラバーダムを装着しました。これは感染根管治療の時には必須の必要条件であり、この治療の成功率を高める為です。また精密な処置をするには

マイクロスコープ下で診療する事も必要です。このケースは根尖性歯周炎と診断しました。歯根先端部の歯周組織に細菌感染による炎症が起こっている状態です。

術後のレントゲン写真です。痛みの原因であった細菌に満たされた根管に拡大・洗浄・消毒を繰り返しました。ここの無菌化が出来たので、再発しない様に薬剤で密封・充填しました。一回一時間の診療時間を三回で終了した症例です。診療の途中で痛みはすっかり治まりました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。